ごかんたいそうとは


ごかんたいそうは、自然、アート、まちのつながりをベースに、子ども達の五感と自由な想像力をひきのばすことを通じて、

子ども達 一人一人の「いきるちから」と「自分を誇れる豊かな個性」を育む地域づくりに取り組む、ちいさなソーシャルアクションです。

現在、神奈川県逗子市の逗子海岸の古民家を園舎とした保育園「ごかんのいえ」、逗子披露山の森の中にある、保育園+パーマカルチャー農園「ごかんのもり」を運営しているほか、2016年春より、逗子駅前の商店街の空き店舗スペースを活用して、まちにひらかれたパブリックスペース「ごかんのえき」の立ち上げに取り組んでいます。